ダウンロードの準備中

製品検索

オメプラゾール錠20mg「アメル」(日局) 規格単位 20mg/1錠 薬価 41.10
先発名 オメプラゾン錠20mg 先発会社名 田辺三菱製薬 先発品 薬価 111.30
先発名 オメプラール錠20 先発会社名 アストラゼネカ 先発品 薬価 111.30
薬効分類番号 232 薬効分類名 消化性潰瘍用剤
規制区分 処方箋医薬品 一般名 オメプラゾール
剤形・形状 腸溶性フィルムコーティング錠 貯法 気密容器、室温保存(開封後は湿気を避けて保存すること)
内用外用注射区分 内用
製剤写真
識別コード(表 / 裏) KW OM20 / KW OM20
直径(mm) 約7.2mm
長径・短径等
厚さ(mm) 約3.9mm
重量(mg) 約139.0mg
箱写真
カプセル号数
pH
浸透圧比
内用外用注射区分 内用
識別コード(包装) KW OM20
包装
効能・効果 ○胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群
○下記におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎
用法・用量 ○ 胃潰瘍、吻合部潰瘍、十二指腸潰瘍、Zollinger-Ellison症候群
通常、成人にはオメプラゾールとして1日1回20mgを経口投与する。なお、通常、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの投与とする。
○逆流性食道炎
通常、成人にはオメプラゾールとして1日1回20mgを経口投与する。なお、通常、8週間までの投与とする。さらに再発・再燃を繰り返す逆流性食道
炎の維持療法においては、1日1回10~20mgを経口投与する。
○ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助
通常、成人にはオメプラゾールとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)の3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができる。ただし、1回400mg(力価)1日2回を上限とする。プロトンポンプインヒビター、アモキシシリン水和物及びクラリスロマイシンの3剤投与によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合は、これに代わる治療として、通常、成人にはオメプラゾールとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びメトロニダゾールとして1回250mgの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。
長期投与上限日数 無し 先発品との効能効果の
差異
無し
診療報酬上の後発医薬品 YES 品質再評価終了状況
品質再評価終了状況
コメント
既に品質再評価の結果が公表されています。弊社品の承認がそれ以降であったため、オレンジブックに収載されていません。尚、再評価結果に準拠するために、公的溶出試験を規格に設定して承認を取得しております。
薬価基準収載年月日 2004年07月09日 発売年月日 2004年7月
薬価基準収載医薬品コード YJコード レセプト電算コード
2329022H1086 2329022H1086 620001986
包装単位 JANコード HOT番号 GS1コード
調剤包装単位 販売包装単位 元梱包装単位
B 500T 4987058072554 1163049010301 04987058213490 14987058072551
PTP 100T 4987058072035 1163049010101 04987058142462 14987058072032
PTP 500T 4987058072059 1163049010102 04987058142462 14987058072056

各種資料・お知らせ文書

資料一括ダウンロード お知らせ文書 添付文書 製剤写真 くすりのしおり 患者向医薬品ガイド 患者指導せん インタビューフォーム 生物学的同等性 溶出挙動の同等性 安定性 簡易懸濁法 配合変化 製品情報概要 品質情報比較資料(案)
本体 包装 パッケージ 長期 加速 無包装
all 20件 選択DL