ダウンロードの準備中

製品検索 製品検索

ラモトリギン錠小児用5mg「アメル」(薬価基準未収載) 規格単位 5mg1錠 薬価
先発名 ラミクタール錠小児用5mg 先発品
薬価
20.40
薬効分類
番号
113 薬効
分類名
抗てんかん剤
規制区分 劇薬
処方箋医薬品
一般名 ラモトリギン
剤形・
形状
素錠 貯法 室温保存
製剤写真
識別コード(表 / 裏)(表) Kw L5 /  識別コード(裏) 直径
(mm)
長径・
短径等
約 8.0mm、約 4.0mm 厚さ
(mm)
約 2.6mm 重量
(mg)
約103.0mg 箱写真
カプセル
号数
pH 浸透圧比 内用外用
注射区分
内用 識別コード
(包装)
包装
効能・
効果
〇てんかん患者の下記発作に対する単剤療法
 定型欠神発作
〇他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の下記発作に対する抗てんかん薬との併用療法
 部分発作(二次性全般化発作を含む)
 強直間代発作
 Lennox-Gastaut症候群における全般発作
用法・
用量
小児
⑴単剤療法の場合(定型欠神発作に用いる場合):
通常、ラモトリギンとして最初の2週間は1日0.3mg/kgを1日1回又は2回に分割して経口投与し、次の2週間は1日0.6mg/kgを1日1回又は2回に分割して経口投与する。その後は、1~2週間毎に1日量として最大0.6mg/kgずつ漸増する。維持用量は1日1~10mg/kgとし、1日1回又は2回に分割して経口投与する。症状に応じて適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて1日量として最大0.6mg/kgずつ、1日用量は最大200mgまでとし、いずれも1日1回又は2回に分割して経口投与する。
⑵バルプロ酸ナトリウムを併用する場合:
通常、ラモトリギンとして最初の2週間は1日0.15mg/kgを1日1回経口投与し、次の2週間は1日0.3mg/kgを1日1回経口投与する。その後は、1~2週間毎に1日量として最大0.3mg/kgずつ漸増する。維持用量は、バルプロ酸ナトリウムに加えて本剤のグルクロン酸抱合を誘導する薬剤注2)を併用する場合は1日1~5mg/kgとし、本剤のグルクロン酸抱合を誘導する薬剤注2)を併用していない場合は1日1~3mg/kgとし、1日2回に分割して経口投与する。なお、1日用量は最大200mgまでとする。
⑶バルプロ酸ナトリウムを併用しない場合注1):
⑶-ⅰ)本剤のグルクロン酸抱合を誘導する薬剤注2)を併用する場合:
通常、ラモトリギンとして最初の2週間は1日0.6mg/kgを1日2回に分割して経口投与し、次の2週間は1日1.2mg/kgを1日2回に分割して経口投与する。その後は、1~2週間毎に1日量として最大1.2mg/kgずつ漸増する。維持用量は1日5~15mg/kgとし、1日2回に分割して経口投与する。なお、1日用量は最大400mgまでとする。
⑶-ⅱ)⑶-ⅰ)以外の薬剤注3)を併用する場合:
バルプロ酸ナトリウムを併用する場合に従う。

本剤は主としてグルクロン酸転移酵素で代謝される。
注1) 本剤のグルクロン酸抱合に対する影響が明らかでない薬剤による併用療法では、バルプロ酸ナトリウムを併用する場合の用法・用量に従うこと。
注2) 本剤のグルクロン酸抱合を誘導する薬剤:フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、プリミドン、リファンピシン、ロピナビル・リトナビル配合剤(「相互作用」の項参照)
注3) 本剤のグルクロン酸抱合に対し影響を及ぼさない薬剤:アリピプラゾール、オランザピン、ゾニサミド、ガバペンチン、シメチジン、トピラマート、プレガバリン、リチウム、レベチラセタム、ペランパネル、ラコサミド
長期投与
上限日数
無し 先発品との
効能効果の
差異
無し
診療報酬上
の後発
医薬品
YES 品質再評価
終了状況
品質再評価
終了状況
コメント
薬価基準
収載
年月日
発売年月日
原薬製造国
薬価基準収載
医薬品コード
YJコード レセプト
電算コード
包装単位 JAN
コード
HOT番号 GS1コード
調剤包装
単位
販売包装
単位
元梱包装
単位
PTP140T 4987058883075 04987058103722 14987058883072 24987058883079

各種資料・お知らせ文書

資料一括ダウンロード お知らせ文書 添付文書 製剤写真 くすりのしおり 患者向医薬品ガイド 資材 インタビューフォーム 生物学的同等性 溶出挙動の同等性 安定性 経管投与チューブの通過性 配合変化 製品情報概要・他 品質情報比較資料(案)
本体 包装 パッケージ 長期 加速 無包装
all お知らせ文書 添付文書 添付文書 製剤写真
(本体)
製剤写真
(包装)
製剤写真
(箱)
くすりの
しおり
患者向医薬品
ガイド
資材 インタビュー
フォーム
生物学的
同等性
溶出挙動の
同等性
安定性
(長期)
安定性
(加速)
安定性
(無包装)
経管投与
チューブの
通過性
pdf
配合変化 製品情報
概要・他
製品情報概要
pdf
品質情報
比較資料(案)